台風一過

<登場動物> 浦島クマ:ドイツの森から帰国して月日を経て海辺の街に根づきつつある。 ドラ:クマの娘、猛獣高校卒業後は社会経験と称して旅などして1年を費やす。 ノラ:クマの姪、ドラ姉の金魚の糞と化し、小動物学校に通う。 ロ…

夏至の焚火

クマの形容詞から、さすらいという言葉が無くなっている。家族構成や生活環境など、物理的に時間も暇も物心両面の諸条件がさすらうのを許さない。さすらいには、独りでいることが必須で、何にも属さない気楽さとともに、常に自分をつなぎ…

Space Ayurveda のご紹介

インド伝統医学アーユルヴェーダについて、私はドイツで実践を通して学んだ。ミュンヘンで20年前から店を構えているサロンでセラピストをしていた。オーナーは、その季節とドーシャに合わせたオイルを調整して創っていた。バターを煮て…

ドイツのサウナ事情

ドイツに暮らして初めの2~3 年は、毎日入浴するために、肌がカサカサで真っ赤に荒れ痒くて困った。カルキの多い硬水で、気候は寒冷で乾燥している。ドイツ人は毎日のように湯船に浸かって暖まるという習慣がない。シャワーをさっと浴…

ドラの帰国

大陸に渡ったドラが帰ってくると言うので、陽が昇る前にクルマを飛ばしてベイブリッジを渡り飛行場へ迎えに行った。海上の高い橋の上を走るのは、シーパラダイスのジェットコースターみたいで怖いのだが、オレンジの朝陽が正面から昇って…